2019年9月7日の様子

本日より「ジュニア・プログラミング検定対策講座」が始まりました。
この検定は、サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催しています。

等級は「Gold」(1級)「Silver」(2級)「Bronze」(3級)「Entry」(4級)があります。

今回参加される方は「Bronze」(3級)を以前の対策講座受講により合格していらっしゃいます。
なので今回は「Gold」(1級)合格を目指していただきます。

本日は、テキスト本編の問題を一緒に解きました。
「Scratchプログラミングコース」・「ロボットプログラミングコース」を経てますので、特に問題点もなくクリアしました。
それどころか動作に影響がないブロックの並べ方や英数字・記号の全角半角にまで気を使って作成していました。
本日の内容が、実力なのか模擬試験で試すことになりました。

Scratchを学習されていらっしゃる方で「ジュニアプログラミング検定」に興味がございましたら是非お問い合わせください。

関連記事